2016年01月06日

CentOS7で、yumを使ってphpMyAdminをインストールしたらアクセスを弾かれた


前々から『クリーンな環境のWordpressが欲しい……(´・ω・`)』
と思ってまして、本日時間が空いたので、仮想マシンで作ってみました。
マシンのOSは、サーバーとして使い慣れたCentOS。
でもちょっと変化がほしいなぁとCentOS7を選びました。

んで、調べてみたらphpMyAdminがyumでインストール出来ると知り、
ちょちょいと調べてがんばってyumでインストールしてみました。

その時のコマンドがこんな感じ。

ちなみにyumでインストールしようとすると、EPELが必要になります。
お持ちでない場合はこちらのサイトを参考に追加してくださいまし。

さて、mariaDBをインストールした後にphpMyAdminを入れまして、
http://サーバーのドメイン/phpmyadminにブラウザでアクセスするとイケるわけですが……
意気揚々とアクセスしてみたところ、こんな感じになりました。

01

……(;・∀・)

まぁつまりですね。『お前はアクセスしたらイカンのじゃボケェエッ!!!ヽ(`Д´#)ノ』
という、サーバーさんからの熱い叱責です。アクセスが禁止されているのです(;・∀・)

いつもyumではなくてソースを直接落っことしてきてアクセスしてたので、
こういう問題はちょっと初めてで『ををッ?!』と思いました(;・∀・)

さて解決方法なのですが、
アクセスが禁止されているのなら、OKにすればいいじゃない
というヒドく簡単な解決方法になります。

yumでインストールしているのなら、
こんな設定ファイルがあるはずです。

/etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf

こいつの中味をいじれば、アクセスOKにしてあげられるようです。

こいつの『<Directory /usr/share/phpMyAdmin/>』の項目の、
以下の部分にこんな感じの変更を加えます

こんな感じで。

require ipの項目に、アクセスOKのマシンのipを入れてあげればOK。
うちの場合は、内部ネットワークの話だけなので、『192.168.1』と入力しました。
これはうちの環境の場合の設定です。

たとえばプライベートipが『192.168.0.***』だった場合は、
『192.168.0』と入力すればOKです。

そんなわけで、こういう編集を加えた後、
念の為にapacheを再起動させたところ……

02

無事にアクセス出来ましたね!(・∀・)

その後なんとかWordpressの環境を整えることができました!!

<参考サイト>
phpMyAdmin インストール

CentOS7でphpMyAdminに403 forbiddenを出され続けた話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)