2015年07月07日

引き続き、YARPPをカスタマイズしますぃ。~場所変更~


前回の記事で『関連記事を表示させたい…』と思いまして、
プラグイン『YARPP』をインストールいたしました。
そして無事、関連記事を表示できるようになりましたので、
次はそれをカスタマイズしようかなと思います。

今回は、表示する位置を変更したいと思います。
まずは、管理画面の『設定』から、YARPPの設定画面を開き、
ここのチェックを外します。
01
そしたら、記事のページを確認してみてください。
関連記事の表示がなくなっていると思います。

次に、管理ページの『外観』から『テーマの編集』を選択し、
『単一記事の投稿』とかになってるphpファイルを開きます。
んで、そこの、関連記事を表示させたい箇所に、以下のコードをコピペしますぃ。
(参考サイト:WordPressの関連記事表示プラグイン、YARPPのクエリをカスタマイズする

重要な部分を1つずつ見ていきます。
post_typeの項目は、関連記事として載せる投稿はどれにするかってやつですね。
元々ある『投稿』であれば、’post’、カスタム投稿タイプであればその名前を入れてあげれば、
その中から関連した記事を引っ張りあげて作成してくれます。

‘weight’の部分は、重要視する関連項目になります。
たとえばここの配列に……

と入力しておいてあげれば、タイトルと本文を重視した関連付けになり、
さらに本文よりはタイトルの方を重要視する…といった設定になるようです。
数字が大きいほうが優先順位が高いようですね。

またおれのコードのように、重要視したいカテゴリやタグのリストを配列の形にして、
‘tax’の項目に渡してあげることも出来ます。
最初’tax’てのを見て、『たっくす? 税金?(´・ω・`)』と思ったのですが、
よくよく考えてみたらこれ、『タクソノミー』のtaxっぽいですよね…反省反省。

‘limit’の項目は、いろいろいじってみた結果、『表示する最大数』だと理解しました。
ひょっとしたら違うのかもしれません…(;・∀・)

まぁそんなわけで、ここまでカスタマイズしたら、
一度phpファイルを保存し、適当な記事にアクセスしてみてください。
02
ぉお~。無事表示されています(・∀・)

……しかしこれを見るとアイキャッチ画像に変化がないからなんんか怖いっすね…(;・∀・)
そんなわけで、近々何か変更を加えるかもしれません。

……次回に続くかも!!(・∀・)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)